風が強い日の運行は止まる?

風が強い日の運行は止まる?

風が強い日の運行は止まる? 風が強いと屋形船の運行は止まりそうな印象がありますが、よほどのことでない限り、多少のことでは屋形船は止まることはありません。
多くの場合、趣などを楽しむことが主眼ですから、東京湾の中というように波風が大きくならないエリアを運航することがほとんどだからです。湾の中というのは外洋と異なり、風の影響やそれによる波の強さなどはセーブされるので、心配しなくても良いということになります。
強いて言えば、ハリケーンが来るというときや地震があって津波が押し寄せてきそうだという場合は、やはり安全第一ということで見合わせることがほとんどです。
ということですから、少々の場合は安心してお出かけになっても大丈夫ですが、判断に迷いが生じているようなケースでは、遠慮なく電話やメールなどで問い合わせるかネットで確認するのが良いということになります。
あらかじめ登録したお客様には中止の場合は電話やメールでお知らせするというサービスも行われています。

屋形船の運行が止まるのはどのような天候の時?

屋形船の運行が止まるのはどのような天候の時? 屋形船は屋根がついていますので、雨天でも運行します。窓や冷暖房などを備えている船の場合は天候により気温の変化が激しい日でも問題なく運行できます。
屋形船の運営会社の方針にもよりますが一般的に運行が中止になるのは、台風あるいは暴風雨などによる荒天時、天気予報で注意報・警報が出ている場合等です。悪天候が原因で運行が中止になる場合は運営会社から連絡が入ります。雨がそれほど強く降っておらず、雨量が少ない場合でも、川の増水状況や水面の様子によっては運行が中止になることもあります。いずれにせよ出航中止の判断は屋形船の運営会社が行います。利用する人の安全を考えての出航中止となりますので、連絡があった場合は指示に従いましょう。また、ゲリラ豪雨など天候が急変したことにより出航を見合わせる場合もあります。予約当日に強い雨が降ったり止んだりするなど状況がはっきりしない場合は、予約時間に余裕をもって運営会社に問い合わせて確認しましょう。