知っておくと便利な屋形船の活用法をご案内します!

屋形船が事故にあった際の保証について

屋形船が事故にあった際の保証について 水辺からの景観の良さやリーズナブルな屋形船のプランが多くなったこともあり、忘年会や身内同士のパーティーを屋形船を貸し切りにして開く人達が増えています。
最近の船は椅子式の席もあり、エアコンや水洗トイレも完備、座って四季折々の水辺や夜景、花火を間近で楽しめる非日常的な空間です。
持ち込み可の船もあるので小さな子供連れの場合は甘いジュースやお菓子を持ち込んだり、小型ゲーム機を持っていけば子供でも退屈しません。
船の発着場までの送迎やランチプラン、レンタル浴衣を着て屋形船に乗れるプランも人気です。
屋形船を営業している船舶業者は船客賠償保険に加入している場合が多く、座礁や追突など運航中の全ての事故による怪我が保険で保証されています。
総合賠償責任保険や生産物賠償保険、食品営業賠償共済に加入しているなら船内で提供された食べ物による食中毒も保険の対象です。
台風などの暴風雨で欠航の場合は、船舶保険により返金が保証されます。

屋形船で当たり前に行われている安全対策とは

屋形船で当たり前に行われている安全対策とは 屋形船で行われている安全対策は幾つかあります。
まず、定期的に避難訓練を行っています。
緊急時に速やかに避難誘導できるように日頃からシュミレーションによる避難訓練が欠かせません。
もちろん全乗船スタッフにも救命訓練を行っています。
研修を受講することによって、基本的な救命活動を行うことが出来ます。
次に、全船と事務所を結ぶ教務用無線もあります。
震災などの災害の場合携帯電話だとどうしても繋がりにくくなってしまいます。
それを防ぐために、事務所と全ての屋形船を結ぶ業務用無線を完備しています。
これによって確実に陸上と連絡を取ることが出来ます。
さらに、災害を想定した全スタッフによるミーティングも定期的に実施しています。
「こういったときはどうする?」「こんなことが起こったら最善の策は?」など日頃から意見交換をして、意識統一を行っています。
緊急時の避難桟橋のマップも作成しています。
これによって防災に対する意識も高まり、より安全に運航することが出来ます。